AEAJアロマテラピーアドバイザーと検定保持者がいるお店【アロマ暮らし】
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

【生活の木】ラベンダー・フランス産(真正ラベンダー) 〔アロマオイル〕

通常価格:¥660~ ¥88,000 税込
¥594 ~ ¥79,200 税込
商品コード: 08-434-3290 ~ 08-449-3290

数量
カートに追加しました。
カートへ進む


























原産国フランス
学名 Lavandula officinalis
抽出部位 花・葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
開封後の使用目安 品質保持期限:商品に記載 開封後1年
内容量 3ml/10ml/50ml(受注生産)/100ml(受注生産)/1000ml(受注生産)
適用途・備考 芳香浴・バス・マッサージ


真正ラベンダーとラベンダーの違い

ラベンダーにはラバンディン、スパイクラベンダー等の亜種が色々あります。それらラベンダーの亜種と区別する意味、もしくはラベンダーと亜種を混ぜていないという意味で、メーカーが「真正」とつける場合もあります。学名の欄にLavandula officinalis (もしくは L.angustifolia, L.vera)といった名前が記載されていれば真正ラベンダーです。

【アロマオイルの特徴】

《フランス産、ブルガリア産、タスマニア(オーストラリア産)の違い》

カンファーの含有率の違いやリナロールの含有率が香りを変えます。カンファーはローズマリーのツンとした香りを発します。

・ブルガリア産は栽培される土地の標高が高く、標高が高い程上品で透き通った香りになります。ラベンダーは駆虫効果のあるカンファーの成分を含有しますが、標高が高い土地で育つラベンダーには駆虫が必要ないため、スッキリとした香りです。フランス産よりも柔らかい香りです。

・フランス産のラベンダーは日本で一番流通していると思います。それは、フランスのアルプス地方の香りがシンプルで純粋なためです。純正ラベンダーは、原産地であるフランスの標高の高い土地で育ったものです。標高の高いところのフランス産はカンファーも少なく本当に美しい香りです。

・タスマニアは日本の北海道に似た土地で、越冬する苗のおかげでしっかりとしたフローラルな香りを作ってくれます。タスマニア産のラベンダーの場合、他の地方で感じる最初にある「ツン」とする刺激的な香りがほとんどありません。フローラルな香り作る「リナロール」がとても多く含まれ、最初からフワッとした華やかな香りが広がります。

※標高の低いところで収穫されたスパイクラベンダーのカンファーの含有量は、13〜15%程度です。真正ラベンダーは1%より少なくリラックスできる香りですが、スパイクラベンダーはスッキリする香りなので気をつけて下さい。

《香りの系統》

アロマオイル フローラルフローラル系
※7タイプの香りの分類 アロマオイル(精油)の香りには特徴があり、大きく分けると7タイプ(フローラル系、柑橘系、ハーブ系、 樹木系、スパイス系、樹脂系、 オリエンタル系)に分類できます。同じタイプの精油は香りの印象が似ているため、ブレンドするときも好相性です。その時の気分に合わせて、それぞれのタイプを使い分けると良いでしょう。

《ノート》

ミドルノート

※ノートとは、アロマオイル(精油)の香りの持続性を表します。
「トップノート」立ち上がりの早い香り。30分〜2時間程度持続。レモン等の柑橘系、ペパーミント等のメントール系はトップノートに分類されます。 「ミドルノート」ゆっくりと立ち上がる香り。2時間〜6時間程度持続。イランイランやジャスミン等のフローラル系の多くはミドルノートに分類されます。 「ベースノート」安定的に持続する香り。6時間〜数日程度持続。サンダルウッド等の樹木・樹脂系の多くはベースノートに分類されます。

《香りの特徴》

ラベンダー畑にいるような気分にさせてくれる、爽やかでフローラルな香り。少しハーブ調の香りも感じる事ができます。淡い黄色から無色です

《相性の良いアロマオイル》

どんなアロマオイルとも相性が良いです。特に柑橘系やフローラル系とブレンドすると良いでしょう。
オレンジスイート、カモミールジャーマン、カモミールローマン、クラリセージ、シトロネラ、ジャスミン、ゼラニウム、パチュリ、ベルガモット、マンダリン、レモン、ローズマリー 等

《こんな時に》

・なかなか寝付けず、リラックスしたい時に。 ・イライラした気分や高ぶった気分を落ち着かせてくれそうな香り。 ・すごく穏やかなエッセンシャルオイルなので、高齢の方やお子様にも安心して使用できます。 ・昼:ローズマリー2とレモン1を組み合わせた香りを午前中2時間以上。夜:ラベンダー2とオレンジ1を組み合わせた香りを寝る前1時間前から合わせて2時間以上 嗅ぐことで うっかり忘れちゃう事を減らしたい場合に最適です。鳥取大学医学部教授の研究が発表され、アロマオイルの素晴らしさが知れ渡りました。 ・その研究を取り扱った番組が2014年2月25日に放送された「たけしのみんなの家庭の医学」です。 この翌日、ローズマリー、レモン、ラベンダー、オレンジスイートのアロマオイルが量販店で売り切れ続出しました。朝はスッキリ香り、夜はリラックスする香りで、嗅覚を刺激してあげるというイメージです。

《注意》

●妊娠初期は使用を避けて下さい。 ●低血圧の方は、疲労を感じる場合があるので使用量にご注意下さい。

新着情報
2021/08/03
サイトリニューアルのお知らせ
サイトをリニューアルいたしました。
もし何かお気づきの点がございましたら、メールにてお知らせ頂けると幸いです。
2021/07/25
会員登録で50ポイントをプレゼント
アロマ暮らしで会員登録をして頂くと、登録したその日に使えるポイントを50ポイント(50円分)付与しています。
是非この機会にご利用下さい。
Instagram
支払い方法
ページトップへ